マネーパートナーズで外貨を購入(両替)するイメージ

スポンサードリンク

マネーパートナーズでの外貨両替は、こんな感じ

外貨を銀行や両替店の店頭では、その時点の為替レートが掲示されています。1日1〜数回更新されますが、それは各社の基準とするレートと手数料額によって決定されてるものです。客は両替の自分でタイミングを決めることはできません。

 

外貨両替,マネーパートナーズ,レート,イメージ

しかし、マネーパートナーズの外貨両替は、リアルタイムに変動する為替レートを目の前にして、好きなタイミングで両替することができます平日午前8:00〜翌午前3:00の間、土曜日8:00〜日祝は不可)。画期的な仕組みです。イメージが湧きにくいかもしれないので、外貨の購入画面(両替)を載せてみました。

 

外貨両替,マネーパートナーズ,レート,イメージ

この部分に表示されているのが、リアルタイムの為替レートです。下図のように刻々と変化しています。

外貨両替,マネーパートナーズ,レート,イメージ

円から外貨への両替は「買ask」の欄のレートを見ます(小数点以下が大きく表示されてます)。上の表では、米ドルへの両替の場合(左端のUSD/JPY)、1ドル=120.06円辺りで変動しています。マネーパートナーズの両替レートは、これに両替手数料20銭を加えた120.26円になります。

 

レート表示の下の欄(外貨両替)に必要な金額を入力して「次へ」をクリックすれば、両替完了(確認画面後)です。この操作で、外貨を購入することができました。この後は、その外貨を自分の口座に移して(振替)、空港で受け取るための手続きをして全て完了です。

 

店頭の掲示と違い、目の前で刻々とレートが変動しているだけに、なかなか両替のタイミングが決められないかも知れません。経済指標の発表や政治家の発言、大事件の発生などがあると、レートが激しく動くこともあります。「運」の部分もあるので、ある時点で踏ん切るしかありません。

両替した外貨はすぐに受け取れません!

外貨両替,マネーパートナーズ,レート,イメージ

マネーパートナーズの外貨両替の不便な点ですが、両替してもすぐに空港で受け取れません。両替の締日が毎週月曜日の16:00と決まっていて、その同じ週の金曜日から空港で受け取れるようになります。出発日からさかのぼって所要日数を確認して両替の手続きする必要があります。

 

外貨両替,マネーパートナーズ,レート,イメージ

 

※マネーパートナーズの外貨両替の利用は月2回までという制限があります。

 

外貨両替,マネーパートナーズ,レート,イメージ

 

スポンサードリンク